【ジニエブラと授乳】ノンワイヤーだから授乳ブラで使えるナイトブラ!

ジニエブラの授乳ブラおすすめポイント

「授乳ブラは便利だけど、ホールド力がないからバストが垂れそう…」

「授乳しづらいのはイヤだけど、今のうちからバストケアはしておきたい!」

授乳中のママさん、こんなお悩みをお持ちではないですか?

バストが垂れたり、形が崩れてしまう一番の原因は授乳にあります。

何もバストケアしないままで卒乳するとサイズはしぼみ、授乳の刺激でクーパー靱帯が伸びたり切れたりしてバストが垂れて後悔することになります。

クーパー靱帯はバストを支えている組織で、伸びたり切れたりしてしまうと、元に戻ることはありません。

だから授乳期こそ、クーパー靱帯を刺激から守るバストケアが必要なのです。

ところが、授乳専用のブラはほとんどバストケア効果が見込めません。

母乳を作る乳腺を刺激しないように締め付けを避けた緩めで深いカップや、スムーズに授乳できることを目的に作られているからです。

授乳はしやすいほうがいいけど、バストケアもしっかりしたいというママさんにお勧めなのがジニエブラです。

ジニエブラは授乳ブラではないので、授乳ブラほどの使いやすさはありません。

しかし、生地に伸縮性があるので授乳のために引っ張っても伸びたりせず元に戻りますし、乳腺を刺激しない優しいホールド力でバストケアも程良くできます。

授乳期のブラでお悩みのママさんに、ぜひ試していただきたいブラです。

→ ジニエブラの詳しい口コミやレビューはコチラ

ジニエブラと授乳/授乳専用ブラの大きな特徴

授乳専用ブラの大きな特徴

授乳中は今まで使っていたブラは使えません。

そもそも妊娠前と比べるとバストが大きくなっているので入らないです。

妊娠 → 出産 → 授乳 → 卒乳の間、バストの変化はめまぐるしいものがあります。

妊娠・出産直後は、バストのボリュームがどんどんアップしハリが強くなってきますし、授乳が始まると母乳が蓄えられるので重さも出てきます。

また、ワイヤーなど締め付けの強いブラは、母乳をつくる乳腺を圧迫するので避けないといけません。

そして、最大の理由は授乳がしにくいのです。

毎日8〜12回の授乳の度にグズる赤ちゃんをあやしながら、ホックを外して…などとやっていられません。

パッとズラしてサッと授乳できるものがラクなのです。

やはり授乳期に合ったブラを使うことをおすすめします。

では次に、授乳ブラの特徴を説明していきましょう。

授乳ブラの特徴1 授乳しやすい形状

授乳ブラの最も大きな特徴は授乳のしやすさにあります。

お腹を空かして泣く赤ちゃんに早く飲ませてあげられるような形状になっています。

形状には大きく分けて4つのタイプあります。

●クロスオープン
バスト前で着物のようにクロスした形状で、カップを下にズラせるタイプ。

●ストラップオープン
ストラップ部分に付いたホックを外してカップを前に下せるタイプ。

●フロントオープン
バストの前に付いたボタンを外してカップを開くタイプ。

●ウインドウオープン
二重構造のカップになっているブラ。ストラップ部分のホックを外して外側のカップを下ろすと、内側のカップのバストトップ部分が窓になっているタイプ。

ちなみに多くのママ達が使っているのがクロスタイプです。

授乳ブラの特徴2 乳腺を圧迫しないカップ

母乳を作る乳腺はとてもデリケートで、圧迫されると母乳が詰まり乳腺炎になってしまう恐れがあります。

なので、授乳ブラのカップは乳腺を圧迫しないように、バスト全体を包み込むように深めで大きい設計になっています。

授乳ブラの特徴3 幅広なストラップとアンダー部分

母乳がたまり大きく重たくなるバストをしっかり支えるのが幅広なストラップとアンダー部分。

幅広のストラップにすることで肩への負担を軽減し、食い込みやずれ落ちを防ぎながら、横からバストを垂れないようにしっかり支えます。

幅広のアンダー部分も、クーパー靱帯が伸びないようにバストの重さを下からしっかり支えます。

授乳ブラの特徴4 母乳漏れを防ぐパッド付き

授乳中以外にも母乳が出てしまうことがあります。ブラの外側にしみ出さないようにパッドが内蔵されるなど工夫されています。

授乳ブラでバストケアはできる?

…というように多くの工夫がなされているので、授乳期はやはり授乳ブラを使用した方が便利です。

ただ、授乳するには便利なのですが、バストケアの面は十分ではないとも言えます。

授乳は仕方がないとしても、バストの重みをしっかり支え、重力などの刺激や睡眠中のバストの流れなどを極力防げるブラを付けておいた方がいいです。

バストを支えて形をキープしているのはクーパー靱帯という組織です。

バストの重みや授乳などで伸びたり切れたりすると、バストラインは一気に崩れます。

しかも一度伸びたり切れたりしたクーパー靱帯は元には戻りません。

授乳ブラは身体を起こした状態での重力や揺れ、バストの重さに対する予防はある程度できるのですが、横への揺れや流れの刺激に対してはあまり対応していないのです。

授乳とともに睡眠中のバストの横流れはクーパー靱帯にとってダブルで大きな刺激になります。

卒乳する頃にはバストが小さくなり形が崩れていた…なんてことを避けたいのであれば、そういったバストケアが同時にできるブラを早めに使用することをおすすめします。

→ ジニエブラの詳しい口コミやレビューはコチラ

ジニエブラと授乳/授乳ブラとして代用できる?

授乳ブラとして代用できる?

ジニエブラは授乳ブラではありません。

授乳がしやすいかというと、授乳ブラと比べるとやはり劣ります。

しかし、ジニエブラはノンワイヤー・ノンホックで、不自然な締め付けがありません。

カップの形状もバスト全体を包み込めるよう深めになっており、乳腺を圧迫しません。

生地も伸縮性の高い360度立体編みでバストに優しくフィットして持ち上げ、授乳の際に引っ張っても伸びたままにならずしっかり戻ります。

また、脇高設計で脇や背中に逃げるお肉をしっかり抑え、幅広バンドでバストを下から支えます。

幅広な肩紐も食い込んだりズレたりしません。

そして、授乳ブラにはない効果としては、睡眠中の流れやすいバストを締め付け感なくしっかり支えるホールド力があり、キレイなバストラインをキープします。

構造や効果をトータル的に考えても、ジニエブラは授乳ブラとして代用できます。

実際に使われているママ達も多いです。

→ ジニエブラの詳しい口コミやレビューはコチラ

ジニエブラと授乳/授乳の仕方はどうしてる?

しつこいようですが、ジニエブラは授乳ブラではありません(笑)。

基本的には授乳しやすいような設計にはなっていないのです。

では、愛用しているママ達はどのように使っているのでしょうか。

ジニエブラを実際に使っているママ達のレビューを見ると、アンダー部分を上にズラして使う方法と、肩紐を少し肩から下ろしてカップを下に引っ張る方法があります。

どちらの方法でも、しっかり戻ってくれる伸縮性の高い生地だからこそできる裏技です。

アンダー部分は、バストをしっかり支えるためのズレ防止効果がなされていて授乳しにくいので、上からカップを下に引っ張って授乳する方がラクですし、赤ちゃんの顔も見えて安心です。

→ ジニエブラの詳しい口コミやレビューはコチラ

ジニエブラと授乳/サイズの選び方

ジニエブラと授乳/サイズの選び方

妊娠中・授乳中のサイズの選び方は、妊娠前のサイズから比べてカップは1〜2サイズ、アンダーは1サイズ大きくなることを目安(個人差はありますが)に選びましょう。

ジニエブラは伸縮性の高い生地なので、多少のサイズの差はカバーできますが、できれば、妊娠初期と妊娠中期以降はそれぞれ合ったサイズで買い替えをした方がバストにとっては良いです。

サイズに迷った時は、1サイズ大きめのサイズを選んでおきましょう。

ジニエブラのサイズ表

上のサイズ表と参照しながら見ていくと…、

例えば、妊娠前はCカップでアンダーサイズが80cmだった場合、Eカップのアンダーサイズ85cmを目安にして3Lサイズを購入するという感じです。

個人差があるので、できれば妊娠初期と妊娠中期以降でバストのサイズを測り、バストの状態を見込みながら買い替えていくことが理想です。

→ ジニエブラの詳しい口コミやレビューはコチラ

ジニエブラと授乳/ママ達の評価は?

ジニエブラと授乳/ママ達の評価は?

ジニエブラを授乳期に使っているママ達の評価は高いです。

1度は授乳ブラを使用してみて、授乳に対する便利さはあるものの、ホールド力がないのでバストが垂れたり、形が崩れる不安を感じられています。

そんなママ達が行き着いたブラがジニエブラです。

まずは乳腺を刺激しないカップ構造であること、授乳のしやすさ、ストレスのない着け心地、授乳ブラにはないバストケア効果、外出時に気になるバストのシルエットをキレイに見せられるなど、様々な点で好評でした。

ジニエブラはかなりリピート率が高く、授乳期が終わってもそのまま続けて使っているママが続出しています。

また、できるだけ出費を抑えたいママ達ですが、価格に見合った効果があって満足したという意見も多数ありました。

→ ジニエブラの詳しい口コミやレビューはコチラ

ジニエブラと授乳/まとめ

ジニエブラと授乳についてを様々な視点から見てきました。

妊娠中からママ達は本当に大変。

身体の変化、出産もそうですが、赤ちゃんが産まれてからも本当に命をかけての子育て。

特に1日8〜12回の授乳期は体力勝負です。

ジニエブラは授乳用のブラではありませんが、しっかりバストケアをしながら、ママも赤ちゃんもストレスなくスムーズに授乳できると人気の高いブラです。

実際に使用しているママ達の意見はストレートで現実味のあるものでした。

妊娠中や授乳中でしっくりくるブラが見つかっていないママに、ぜひともおすすめしたいブラです。

→ ジニエブラの詳しい口コミやレビューはコチラ

→ 人気のおすすめナイトブラランキングを見てみる

タイトルとURLをコピーしました