【スロギーの授乳】おすすめ?授乳中にレビューしてみた!

【スロギーと授乳】レビューでも大人気のブラまとめ!

「授乳ブラは便利で楽だけど、バストが垂れてきたような…」

「授乳中でもバストケアできるブラが見つからない…」

こんなお悩みをお持ちのママさんも多いのではないでしょうか?

そうなんです、授乳はバストサイズがダウンしたり、垂れたり離れて形が崩れてしまう大きな原因になるのです。

バストはクーパー靱帯という組織によって、ハリやサイズが保たれています。

しかし、母乳の重みや授乳の刺激でクーパー靱帯が伸びたり切れて、バストを支えられなくなってしまうのです。

さらに追い打ちをかけてしまいますが、一度伸びたり切れたクーパー靱帯は元に戻ることはありません。

だから授乳中こそ、刺激からクーパー靱帯を守るバストケアが必要なのです。

ところが、授乳専用のブラはほとんどバストケア効果が見込めません。

母乳を作る乳腺を刺激しないように締め付けを避けたり、スムーズに授乳できることを目的に作られているからです。

授乳しにくいのは困るけど、バストケアをしっかりしたいというママさんにお勧めなのがスロギーの「ゼロフィール ベーシック2 ハーフトップ」です。

スロギーは授乳ブラではありません。

授乳ブラほどのスムーズな使いやすさはないのですが、生地に伸縮性があるので授乳のために引っ張っても伸びたりせず元に戻りますし、乳腺を刺激しない優しいホールド力でバストケアも程良くできます。

ぜひ、授乳中のブラ選びでお悩みのママさんに試していただきたい商品です。

→ スロギーの詳しい口コミやレビューはコチラ

スロギーと授乳/授乳専用ブラの特徴って?

スロギーと授乳/授乳専用ブラの特徴って?

妊娠したり授乳が始まると、今まで使っていたブラジャーは使えません。

何故かというと、バストがドンドン大きくなって入らなくなるからです。

妊娠・出産・授乳・卒乳の期間は、本当にバストの変化はめまぐるしいものがあります。

妊娠・出産直後は、バストのボリュームがどんどんアップしハリが強くなってきますし、授乳が始まると母乳が蓄えられるので重さも出てきます。

また、ワイヤーなどの締め付けの強いブラは、母乳をつくる乳腺を圧迫するので着用を避けましょう。

そして、一番大きな理由は授乳がしにくいことです。

授乳は毎日8〜12回くらいあり、その度にグズる赤ちゃんをあやしながら、ホックを外して…などやってる時間はありません。

パッとズラしてサッと授乳できないと、ママも赤ちゃんもストレスになります。

そんな授乳のしやすさを第一に考えられたブラが授乳ブラです。

では次に、授乳ブラの特徴を説明していきましょう。

授乳しやすい形状

授乳ブラの最も大きな特徴は、お腹を空かした赤ちゃんにスムーズに飲ませてあげられるような形状になっています。

大きく分けて4つの形状タイプあります。

●クロスオープン
バスト前で着物のようにクロスした形状で、カップを下にズラせるタイプ。

●ストラップオープン
ストラップ部分についたホックを外してカップを前に下げるタイプ。

●フロントオープン
バストの前に付いたボタンを外してカップを開くタイプ。

●ウインドウオープン
二重構造のカップになっているブラ。ストラップ部分のホックを外して外側のカップを下ろすと、内側のカップのバストトップ部分が窓になっているタイプ。

ちなみに多くのママ達が使っているのがクロスタイプです。

乳腺を圧迫しないカップ

母乳を作る乳腺はとてもデリケート。

圧迫されると母乳が詰まり乳腺炎になってしまう恐れがあります。

授乳ブラのカップはバスト全体を包み込むように深めで大きい設計で、乳腺を圧迫しないようになっています。

幅広なストラップとアンダー

母乳がたまり大きく重たくなるバストを、しっかり支えるのがストラップとアンダー部分です。

幅広のストラップにすることで肩への負担を軽減し、食い込みやずれ落ちを防ぎながら、横からバストを垂れないようにしっかり支えます。

幅広のアンダー部分も、クーパー靱帯が伸びないようにバストの重さを下からしっかり支えます。

母乳漏れを防ぐパッド付き

授乳中以外にも母乳が出てしまうことがあります。

ブラの外側にしみ出さないようにパッドが内蔵されるなど工夫されています。

授乳ブラでバストケアはできる?

…というように多くの工夫がなされているので、授乳中はやはり授乳ブラを使用した方が便利です。

ただ、授乳するには便利なのですが、バストケアの面は十分ではありません。

バストを支えて形をキープしているのはクーパー靱帯という組織です。

バストの重みや睡眠中の横流れ、授乳などの刺激で伸びたり切れたりすると、バストラインは一気に崩れます。

しかも一度伸びたり切れたりしたクーパー靱帯は元には戻りません。

授乳ブラは身体を起こした状態での重力や揺れ、バストの重さに対する予防はある程度できるのですが、横への揺れや流れの刺激に対してはあまり対応していないのです。

授乳とともに睡眠中のバストの横流れはクーパー靱帯にとってダブルで大きな刺激になります。

卒乳する頃にはバストが小さくなり形が崩れていた…なんてことを避けるためには、そういったバストケアが同時にできるブラを使用することをおすすめします。

→ スロギーの詳しい口コミやレビューはコチラ

スロギーと授乳/授乳ブラとして代用できる?

スロギーと授乳/授乳ブラとして代用できる?

スロギーの「ゼロフィール ベーシック2 ハーフトップ」は授乳ブラではありません。

授乳がしやすいかというと、授乳ブラと比べるとやはり劣ります。

しかし、ノンワイヤー・ノンホック・縫い目なしで、締め付けのない着けてる感ゼロなノンストレスブラです。

カップの形状もバスト全体を包み込めるよう深めになっており、乳腺を圧迫しません。

薄くて軽い生地は伸縮性が高く、バストに優しくフィットして持ち上げ、授乳の際に引っ張っても伸びたままにならずしっかり戻ります。

パッドを付けたままで授乳すると邪魔になったり、折れ曲がって直すのが面倒だったりするので、外出しない時はパッドを外して使用するのがオススメです。

また、ショルダーはタンクトップタイプで肩への負担、食い込みやずれ落ちを防ぎます。

アンダー部分も幅広でバストの重さを下からしっかり支えます。

構造的に考えても、スロギーは授乳ブラとして代用できます。

実際に使われているママも多いです。

→ スロギーの詳しい口コミやレビューはコチラ

スロギーと授乳/しっかりバストケアもできる?

スロギーと授乳/しっかりバストケアもできる?

スロギーの脇高設計・幅広タンクトップショルダー・幅広アンダーなどのこだわり構造でバストをしっかり支えて、重力や睡眠中の横揺れなどの刺激からクーパー靱帯を守ります。

着け心地ゼロでこれだけのバストケアができるのは本当にラクですし、授乳中のストレスもかなり軽減されます。

普通のブラには戻れなくなるラクさで、卒乳後もそのままスロギーを愛用されている方も多いです。

→ スロギーの詳しい口コミやレビューはコチラ

スロギーと授乳/サイズの選び方は?

スロギーのサイズ/バストサイズの測定方法

妊娠・授乳中のサイズの選び方は、妊娠前のサイズから比べてカップは1〜2サイズ、アンダーは1サイズ大きくなることを目安(個人差はありますが)に選びます。

スロギーのカップサイズ

例えば、妊娠前はCカップでアンダーサイズが70cmだった場合、D〜Eカップ、アンダー75cmが目安となります。

スロギーのサイズ表を参照しながらサイズを出すと、Lサイズということになります。

個人差があるので、できれば妊娠初期と妊娠中期以降でバストのサイズを測り、バストの状態を見込みながら買い替えていくことが理想です。

→ スロギーの詳しい口コミやレビューはコチラ

スロギーと授乳/レビューしてみた!

スロギーと授乳/レビューしてみた!

今現在、妊娠はしていないのですが、授乳する場合を想定して引っ張ってみました。

アンダー部分を引っ張り上げるより、カップを引っ張り下げる方が簡単です。

スロギーを手にとったことのある方はご存じでしょうが、本当に薄くて軽い生地なので、強く引っ張ったら伸びてしまうんじゃないかと心配でした。

でも、この伸縮性はスゴいです。しっかり戻ってきます。

試しに連続で30回最大に引っ張って戻してを繰り返してみましたが、全然問題なしです。

やはり、パッドがあると少し授乳しにくそうですが、外すとかなりしやすくなります。

パッドなしでの外出は抵抗がありますが、家の中であれば全然問題ないです。

→ スロギーの詳しい口コミやレビューはコチラ

スロギーと授乳/ママ達の評価はどう?

スロギーと授乳/ママ達の評価はどう?

スロギーの「ゼロフィール ベーシック2 ハーフトップ」を授乳中に使っているママ達の評価は高いです。

授乳中のバストケアが気になっているママや、大変な育児でできるだけ心地良く、そして楽に授乳できるブラを探しているママが多いということですね。

スロギーは乳腺を刺激しないカップ、授乳のしやすさ、ノンストレスの着け心地、授乳ブラにはないバストケア効果など、様々な点で好評でした。

かなりリピート率も高く、妊娠・授乳期が終わってもそのまま続けて使っているママが続出しています。

もし、妊娠・授乳中のブラで迷われているなら、ぜひ一度試してみて欲しい商品です。

→ スロギーの詳しい口コミやレビューはコチラ

スロギーと授乳/まとめ

妊娠・授乳期間のママは本当に大変。

身体の変化も大きく、命をかけての出産、その後も続く育児…。

特に1日8〜12回の授乳は体力勝負です。

日々の生活で一杯一杯でご自分の身体のケアが後回しになってしまっているママも多いと思います。

スロギーのブラは授乳用のブラではありませんが、妊娠初期のつわりの辛さや重くなってくるバストなどによるママ達の身体の負担を減らせるような、ラクでストレスのない設計になっています。

そして、しっかりバストケアもできる優れものです。

実際に使われているママ達も多くいらっしゃいますので、まだしっくりくるブラが見つかっていないママに、ぜひお試ししていただきたいです。

→ スロギーの詳しい口コミやレビューはコチラ

→ 人気のおすすめナイトブラランキングを見てみる

タイトルとURLをコピーしました